トップ > にきびのタイプ

にきびのタイプ

にきびは進行度合いにより様々な種類に分けられています。にきびの色や大きさなどにより、見た目でもどの位悪化しているか分かるのでチェックしておきましょう。毛穴に溜まった皮脂や汚れなどが元々毛穴にある角質と相まってコメドというにきびの芯を作り、コメドが固まって毛穴をふさぐことによりにきびを発生させます。

本来分泌された皮脂は毛穴から外に排出していきますが、毛穴がコメドで詰まったことにより皮脂が表皮の下にどんどんたまり固まって白い塊になり盛り上がります。この状態が初期段階の白にきびです。更に白にきびが大きくなり、表皮を突き破って皮膚の表面に出てきて空気に触れ、参加して黒色になった状態が黒にきびです。また、お肌に存在するアクネ菌などの雑菌が、白にきびつまり溜まった皮脂を栄養分にしてどんどん増殖し、皮膚を赤く炎症させた状態が赤にきびです。

そして更に雑菌が増えてお肌の炎症が進み、化膿してにきびの部分が黄色く盛り上がった状態を黄色にきび(化膿にきび)と言います。この状態になるとにきびに触れただけでも痛みを生じるので、メイクや洗顔もつらくなります。更に黄色にきびが悪化すると、肌の表面だけではなく真皮にまでダメージを与えてしまい、にきびの症状が治まっても肌がクレーターのように凸凹になってしまうこともあります。また、正しい治療を受けずににきびを指でもんだり押しつぶすとにきびの色素が沈殿し、後にシミのような跡が残ってしまう場合もあります。

 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト