トップ > にきびの原因

にきびの原因

にきびができる原因としては色々なことが考えられます。10代の8割以上がにきびに悩まされていますが、思春期は体が大人になるために準備をしている段階で一時的にホルモンのバランスが乱れることにより、皮脂が過剰に分泌されることがあります。分泌された皮脂が上手く排出しきれず、毛穴にたまってにきびを引き起こすというケースがほとんどです。

大人に良く見られる吹き出物と呼ばれるにきびは、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランス乱れが原因となります。ストレスが溜まるとホルモンバランスをつかさどる自律神経がうまくコントロールできなくなり、更に睡眠中は肌が活発に新陳代謝を行うので睡眠が不足すると新陳代謝が十分に行えず、毛穴に古い角質が溜まりにきびを作り出します。

更に脂質や糖質の多い食事を摂ったり、刺激物や辛いものを頻繁に食べるなど不規則な食生活も皮脂の過剰分泌を招きます。また肌への刺激が強い洗顔料を使ったり、肌をこするような洗顔法は肌を傷つけて炎症を起こし、更に洗顔料の洗い残しは雑菌の繁殖を促すのでにきびを悪化させます。

特に日差しが強い夏場、外出する際の肌ケアを怠ると紫外線が肌細胞を破壊して免疫力を低下させるので、にきびがなかなか治らない原因にもなります。そして運動不足になると血流が滞り肌の新陳代謝が低下したり、便秘が続いて体内の毒素がいつまでも排出されないと毛穴に老廃物が運ばれて詰まり、にきびの症状が進みます。

前の記事 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト