トップ > にきびができやすい場所とは?

にきびができやすい場所とは?

一番にきびができやすい場所といえば、やはり顔です。顔の中でも両眉毛から鼻にかけてのTゾーンとよばれる場所は、皮脂腺が多く皮脂の分泌が特に盛んなので毛穴がつまりやすいと言われています。洗顔時には特に念入りに毛穴の汚れを取り除き、汗をかいたらこまめにふき取ることが大切です。

また、特に男性に多いのがあごから首にかけてのにきびです。毛穴から生えるひげが邪魔してきちんと洗顔できなかったり、あごは男性ホルモンの分泌バランスに影響を受けやすい箇所であることからにきびができやすくなります。また頬杖をつく癖があると、肌がこすれてにきびを悪化させる原因にもなるので注意しましょう。そして口の周りも比較的にきびができやすい部位です。主に、食生活が乱れていて胃腸の働きが低下している時によくできます。どちらかと言うと、思春期にきびよりも大人のにきびとして出来る場合が多いようです。

更におでこも皮脂腺が多く、汗をかきやすいのでにきびがよくできます。また髪の生え際のにきびは、洗顔料やシャンプーの洗い残しが原因となる場合もあります。おでこににきびができたら、前髪が皮膚を刺激しないよう短く切るかピンで留めるなどして、汗はこまめにふき取るようにしましょう。またシャンプーや洗顔時には、何度もすすいで泡が残らないようにしましょう。

顔以外で言うと、皮脂腺が多く汗が溜まりやすい背中やお尻などにもにきびがよくできます。汗をかいたら着替えたり、シャワーを浴びるなど体を清潔な状態にして毛穴をキレイにしておくことで予防できます。

前の記事 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト