トップ > 日常生活の中でのニキビケア

日常生活の中でのニキビケア

にきびケアは、日常生活を見直し改善していくことから始めてみましょう。まず睡眠不足になるとホルモンバランスが乱れにきびの原因となるので、十分睡眠をとるよう心がけましょう。特に夜の10時から夜中の2時までの間は肌の新陳代謝が活発になるので、この時間帯はよく眠ってお肌をしっかり再生させましょう。

また過度のストレスも肌に悪いので、仕事などで失敗してもできるだけくよくよしないで前向きな気持ちで毎日を過ごすことが大切です。更に散歩をしたり好きな音楽を聞いたり、ドライブをするなど自分なりのストレス発散法を見つけ実践するとよいでしょう。アロマを焚いたり、マッサージに行って体の疲れを取るなどリラックスできる時間を設けるのも効果的です。また体を動かすことで筋力がつき、血流が促されて肌の新陳代謝もアップするので、ウォーキングやエアロビクスなど適度な運動を日常生活に取り入れるようにするとよいでしょう。

そして厳しい食事制限ときつい運動を取り入れた過度なダイエットは、肌に十分な栄養が届かず免疫力が低下し、にきびを悪化させることにもなるので気をつけて下さい。更に普段から汗をかいたら拭いたりして、背中などのにきびを悪化させないよう肌に刺激を与えない、吸湿性のよい綿素材の服を着るようにしましょう。また紫外線は肌細胞を破壊し、肌の再生能力を低下させるので、外出する際は日焼け止めをつけたり日傘をさすなどして直射日光に当たらないよう気をつけることも大切です。

前の記事 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト