トップ > 洗顔は効果的

洗顔は効果的

にきびは毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態によりできるので、毛穴をキレイな状態する洗顔はにきび予防にも出来てしまったにきびを改善するためにもとても重要です。肌質は、肌が水分不足の状態にありかさつきが気になる乾燥肌、皮脂の分泌が多く肌がべたつく脂質肌、額や小鼻などはべたつくのに頬や口の周りは乾燥しやすい混合肌、全体的に肌荒れしやすい敏感肌に分けられますが、にきびができやすいのは主に脂質肌と混合肌の人だと言われています。

脂質肌や混合肌の人は特に肌のべたつきをそのまま放置しないで定期的に洗顔を行い、肌を清潔な状態にキープしておく必要があります。ただ、毛穴の汚れを落とすために肌をこすって汚れを落とすような洗顔法では肌を傷める原因にもなります。また、肌を健康な状態に保つためには適度な皮脂の分泌も必要となるので、1日に何度も洗顔を繰り返すと必要な皮脂まで取り除かれてしまうので逆効果です。

にきび予防には朝と夜1日2回の洗顔を続けることが大切ですが、既にできてしまったにきびは洗顔をしてもすぐには消えません。焦って洗浄力の強い洗顔料を使ったり、指でおしてコメドを出そうとすれば症状が進み、跡が残ってしまうことにもなりかねません。泡をたっぷり用いて、指の腹で泡を転がすように優しく洗顔するなどの肌ケアをしながら肌が再生していくのを待って、ゆっくりと治していくしかありません。しかし洗顔料がお肌に染みたり、触ると痛みを感じるほどにきびが進行している場合は無理に洗顔を行うとにきびが悪化する恐れがあるので、皮膚科を受診したほうがよいでしょう。

前の記事 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト