トップ > 正しい洗顔法

正しい洗顔法

にきび肌を改善したり、にきびを予防するには洗顔はとても効果的ですが、間違った洗顔法ではにきびを治すどころか肌を傷つけることにもなりかねないので、正しい洗顔法を覚えて実践することが大切です。まず、洗顔前には手についた雑菌を落とすために石けんで手をよく洗いましょう。更に前髪が額にかかっているとよく洗えないので、ヘアバンドなどで前髪を上げておくとよいでしょう。蒸しタオルを用意して顔に数秒当てると毛穴が開き、汚れが落ちやすくなります。初めにぬるま湯で数回予洗いをし、皮膚の表面についた汚れを落とします。

冷水は毛穴を閉じさせるし、熱い湯は刺激があるのでお湯の温度は33℃前後が最適です。次に洗顔料を手のひらにとって十分に泡立てて行きますが、泡立てネットを使うと短時間でたっぷり泡ができます。

そしたら皮脂の分泌が特に多い額から鼻筋にまずは泡を乗せ、ごしごしこすらないように気をつけながら指の腹で繰り返し半円を描くように優しくマッサージしていきます。次にメイクが落ちにくい目の周りや小鼻付近も丁寧に洗い、両頬から口の周り、あごから首筋という流れで泡を乗せて洗顔していきます。

全体的に洗えたら、ぬるま湯で何度もすすぎます。特に髪の生え際やあごの下は泡が残りやすく、洗い残しはにきびの原因にもなるので丁寧に泡がなくなるまですすぎましょう。十分洗い流したら、清潔なタオルでこすらないよう顔をタオルで押さえるようにして水分をふき取ります。洗顔後は乾燥しないよう、すぐに化粧水などで肌を保湿するようにしましょう。

前の記事 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト