トップ > ピーリング洗顔

ピーリング洗顔

ピーリング洗顔も、にきびを改善するのに効果的な洗顔方法です。ピーリング洗顔は酸の入った洗顔料を用いて皮膚の表面にたまった不要な角質を取り除き、毛穴をキレイな状態にしてにきび予防や改善を行う洗顔法です。ピーリング洗顔にはリンゴ酸やクエン酸、グリコール酸といったAHAと呼ばれる酸を用いるのが一般的で、これらの酸は主にサトウキビや果物、ワインなどに含まれています。

AHAには毛穴にこびりついた硬い角質を軟らかくして除去するという作用のほかにも、保湿成分コラーゲンの生成を助けたり、シミの原因となるメラニンの生成を阻止したり、外部の刺激から肌を守るなどの働きをしてくれます。含まれる酸の濃度が洗顔料によって違うので、肌が弱い人ならあまり濃度の高すぎないものを選ぶよう気をつけましょう。

ピーリング洗顔も通常の洗顔法と同じように、まずぬるま湯で予洗いしてから手のひらで十分あわ立て、こすらないようにして肌に泡を乗せ、泡を指の腹でくるくる転がすような感じで洗顔していきましょう。ただ特に皮膚が敏感な目元や口元には、あまり念入りに泡を乗せないように気をつけましょう。

また既に額や頬ににきびが出来てしまった場合は、泡を3分程度にきびが出来た箇所につけて置いておくとにきびの治りが早くなります。十分にすすいで水気をふき取れば、肌がつるつるとしてくるのが実感できるでしょう。またスクラブ洗顔と同様に、毎日行うと酸が健康は肌組織まで傷つけることにもなるので、1週間かもしくは10日に1回の割合でピーリング洗顔を行うようにしましょう。

前の記事 | 次の記事

にきびについて
洗顔方法について
ニキビ体験談
健康マニアックス
リンク集
運営者情報
ニキビの参考サイト